エコペイズが抱える諸問題

エコペイズで口座が作れない問題

エコペイズを利用したいと考えているユーザーが、登録しても口座を作れない場合があります。これは何らかの影響を受けている場合が多く、この問題を解消しないと口座アカウントを作成できません。もしアカウント作成ができない場合は、何らかの問題が生じていると考えましょう。実は意外なところに問題が発生している可能性もあります。

過去にエコペイズを登録していた場合

同名でアカウント作成を行う方法は使えませんので、もしわかってしまった場合はアカウントの登録を止められてしまいます。以前にアカウントを作成しており、そのまま残っている場合は注意してください。もしかしたらアカウントを削除していないままとなり、放置している可能性もあります。残されているままなら、基本的にアカウントを登録することはできず、登録画面に入る前に止められてしまいます。
以前のアカウントを削除している場合、アカウントが消えているならそのまま登録できます。ただ凍結されているなどの理由で使えない場合は、そのアカウントを利用できないままとなり、登録できません。凍結は問題を起こしていると判断される人に使う方法ですから、その状況になっている時点で同じことを繰り返さないためにも、しっかりと登録を制限しているのです。

登録アカウントの不備がある

登録画面には、文字を入力する部分が多くあります。アカウントの登録に必要な情報がかかれていないなどの理由で、アカウントを作れないと判断されている場合は登録できません。またアカウントを作る時に、ロボットではないことを示すための画面があります。画面にある文字有力を何度も間違えていると登録できない可能性もありますが、止められるのは不正にアカウントを作っていると判断されてしまうためです。
登録する部分は、全ての入力が必要となりますので、1つでも足りないまま登録を終えることはいけません。必要な情報はしっかりと入力して、正しい情報を入れておくようにしてください。アカウントの不備が発生している場合は、こうした問題が起こりやすくなり、登録画面を何度も行き来している間に登録できない場合もあります。
ロボットではないこと、正しい登録をするための手法を取っているなら、最後の数字もしっかり入力できるはずです。この入力にミスが生じている場合などは、問題が起こりやすくなってしまいますので、基本的にこの数字を間違え続けることは駄目だと思ってください。他のサイトでも、ミスをすれば登録はできないのです。

エコペイズのATM取引額が極端に小さい?

エコカードを経由すれば、エコペイズからお金を引き出せます。オンラインカジノの出金もこれで何とかできると判断できますが、実はエコペイズはATMの出金をかなり厳しく設定しています。その額は一般的な口座から比べると明らかに小さいものとなっていますので、相当厳しいように感じてしまいます。特に持っている金額が多い場合、何度も出し入れをしないと全て出せない可能性もあります。

ATMを使って出せる金額は500ドルまで

シルバーのユーザーは250ドル、それ以外のグレードであれば500ドルまで出せます。シルバーは多くのユーザーが持っているグレードですから、かなり小さいことがわかります。250ドルは、日本円に変えれば3万円にも達していない金額となります。ATMから出せる金額の上限が小さくて困ってしまうので、エコペイズからATMで出金するのは難しいかもしれません。出したいと思っても、お金が全然出てこないとわかってくるので、思ったような利便性がありません。
これはエコペイズから出したいと思っているユーザーが、不正に大量出金することがあったからです。こうした問題を踏まえて、エコペイズは制限を行うようにして、ショッピングで買い物をするならそれなりに使えますが、それ以外の方法には厳しく制限しています。ATMから出されると、エコペイズにとってはマイナス材料が多くなりますので、制限はかなり厳しいものとしています。

一気に出金するためには他の口座を経由する

どうしてもジャックポットを一括で出したいと思っているなら、他の口座を経由するしかありません。外貨預金を持っている銀行にお願いして、まずは外貨預金用の口座を作ります。これに戻してから日本円に替えるようにすれば、普通にエコペイズのお金を引き出せます。しかもネットバンクを持っていれば、かなり手続きは楽になりますので、負担を減らしてお金を出せるメリットを持ちます。
エコペイズのATM出金は、かなり厳しい部分が大きいため、無理だと思ってしまう要素も増えがちです。ジャックポットを出している人には、相当な問題となりますので、なるべくオンラインカジノで勝っているなら、経由する方法も考えてください。
ATMを使っているユーザーの中には、上限が小さくて困ってしまうこともあるでしょう。とにかくジャックポットを当ててしまったら、これまでとは違う方法を活用して、出金を念入りに行いたいものです。なお振込にも一定の制限があります。