誰でも自由に選べる入出金手段

オンラインカジノにて利用できる送金サービスの多くが国外のサービスです。
そもそもオンラインカジノが国外のサービスになりますが、ゲームそのものは言葉を感じることなく、直感でも楽しめます。
しかし、送金となるとやはりいろいろなことを考慮しなければなりませんので、どうしても不安な方も多いのではないでしょうか。

そこで、送金サービスは安心して利用できるものなのかや、定評のある送金サービスをご紹介させていただきます。

日本語サポートをしている所もある

日本語サポートをしている所もある

基本的に送金サービスの多くは国外の物になりますので、日本人として利用する際、大きな壁となるのがやはり言葉なのではないでしょうか。
外国語に堪能な方であれば問題ないかと思いますが、多くの方が外国語に不安なのではないでしょうか。
翻訳サービスもありますが、お金が絡むことなので一つの間違いも許されません。

オンラインカジノに興味はあるものの、実際に始めるに至っていない人の中には、オンラインカジノそのものよりも送金サービスが「よく分からないから」と二の足を踏んでいる方もいるようです。
しかし、送金サービスの中には日本語サポートをしてくれているものもあります。

日本語サポートのある送金サービスであれば、日本語での応対になりますし、いざという時に質問しても日本語で応対してくれますので、オンラインカジノを始めてみたい人は、日本語に対応した送金サービスを利用してみると良いでしょう。

日本語に対応した送金サービスはどれくらいある?

日本語に対応した送金サービスはどれくらいある?

実際のところ、日本語に対応した送金サービスがどれくらいあるのかについて、無数にあるとは決して言えませんが、送金サービスは何個も利用する必要がありません。
現実的に一つあれば十分ですので、いくつか日本語に対応している送金サービスを理解しておけば、決して困ることはありません。

また、これからいくつか日本語に対応した送金サービスをご紹介しますが、それぞれ特徴が異なりますので、自分のニーズに合わせた送金サービスを選んでみると良いでしょう。

定番のエコペイズ・アイウォレット

オンラインカジノユーザーにとって「定番」と言っても過言ではない送金サービスがエコペイズとアイウォレットです。
それぞれ異なる会社ではありますが、特徴は似ており、違いはと言えば利用できるオンラインカジノ程度です。

エコペイズとアイウォレットに共通しているのは、それぞれ日本語に対応している点と共に、ATMでの出金が可能な点です。
銀行、コンビニ等に設置されているATMで利用できるカードを発行してくれますので、足を運んで手軽に出金することが可能です。

ポイント重視ならビーナスポイント

ATMのカードを発行してもらうよりも、ポイントをもらってお得にオンラインカジノを楽しみたいのであればビーナスポイントがオススメです。

ビーナスポイントはATMで利用できるカードこそ発行していませんが、エコペイズとアイウォレット同様に日本語に対応していますし、最大の魅力はサービス名となっているようにポイントのサービスがある点です。
送金額に応じてポイントをもらえるのですが、貯めたポイントは様々なサービスで利用できます。

オンラインカジノでも利用することができますので、何度も送金する方の場合、とてもお得になります。
ATMのカードにそこまで魅力を感じていない人とすれば、ビーナスポイントの方がお得な送金サービスとなるでしょう。

ビットコインも日本語対応

ビットコインも日本語対応

オンラインカジノでは実はビットコインも利用することが可能です。
国内ではビットコインは送金サービスとしてよりも、投機・投資の対象として見られているかと思いますが、ビットコインは「国」という垣根を超え、暗号技術・ブロックチェーンを通した異国間での送金サービスこそ最大の特徴でもあります。

また、ビットコインの場合、国内にも多数のウォレットがあります。
ウォレットに関しては「日本語対応」ではなく、そもそも日本の会社のものもありますので、言葉の壁を感じることはありません。
注意点としては、ビットコインは相場が変動しますので、タイミング次第では自分が思っていた額と異なる額での取引となる可能性があります。

裏を返せば、自分が購入した時よりも相場が高くなっていれば、オンラインカジノのゲームでの勝利+相場の変動による利益を合わせてより大きな利益を獲得する可能性を秘めています。

まとめ

このように、日本語に対応した送金サービスも多々登場していますので、上記の送金サービスであれば「言葉の壁」を感じることなくオンラインカジノで得た利益を自分の口座、あるいは手元まで届けてくれます。
初めは面倒に思うかもしれませんが、慣れてしまえば国内の金融機関の使用と大差ないものだと分かりますので、まずは上記の送金サービスをチェックしてみてはいかがでしょうか。