中国経営違法ネットカジノの実情と手を出してはいけない理由

ネットカジノ運営を合法化している国や地域はそこまで多く無く、世界でも数えるほどしかありません。
日本の場合、国内でのネットカジノ運営はもちろん違法ですし、日本人が海外で日本人向けに運営するのも違法行為となります。
ネットカジノ合法国では非常に厳しい審査を経てライセンスを発行していますが、最近では中国経営のネットカジノが続々と増えてきています。

そもそも中国ではネットカジノが違法であり、中国国内で運営することはできないことから、フィリピンを拠点に中国裕福層に向けて運営しています。
そこで今回は、中国経営違法ネットカジノの実情、及び絶対に手を出してはいけない理由を詳しく解説していきたいと思います。

最初に言っておきますが、中国経営違法ネットカジノで遊んで、プレイヤー側には何のメリットもありません。
信頼性の高いライセンスを所持する合法ネットカジノで遊びましょう。

中国経営ネットカジノはフィリピンを拠点にしている

中国経営ネットカジノはフィリピンを拠点にしている
中国ではネットカジノ運営は違法であるため、中国経営ネットカジノは全て海外を拠点にしています。
その多くがフィリピンを拠点にしており、数百を超える中国経営ネットカジノが存在します。

フィリピンはネットカジノ合法国であり、PAGCORと呼ばれるフィリピン娯楽賭博公社がライセンスを発行しています。
経済的に低迷しているフィリピンでは、このライセンス発行による収入が国家運営の重要な鍵を握っているため、積極的にライセンスを発行しています。
つまり中国経営ネットカジノにとっては、自国の近くでビジネスができ、フィリピンにとってはライセンス収入があり、さらに雇用が生まれていることから、Win-Winの関係なのです。

ライセンス不所持の中国経営違法ネットカジノの存在

ライセンス不所持の中国経営違法ネットカジノの存在
ネットカジノは、知識さえあれば、インターネット上に簡単に作ることができるため、ここ最近は中国経営の違法ネットカジノが多くあります。

フィリピンでライセンスを取得するためには、多額の費用と時間が必要であり、少しでも早くビジネス展開し、無駄な出費を抑えたいと考える中国経営ネットカジノが増えてきているのです。
その結果、フィリピン当局も中国経営違法ネットカジノの取り締まりを強化し、ライセンス不所持のネットカジノの閉鎖、及びそこで働く中国人従業員を逮捕、強制送還処置に積極的です。

それでもいたちごっこが続いている状況で、摘発しても湯水の如く中国経営違法ネットカジノが増え、撲滅されないのが現状です。
中国政府は、ネットカジノを合法にしているフィリピンに対して完全違法化を望んでいますが、大切な収入源のため、そう簡単に違法化させることはできないのです。

中国経営違法ネットカジノはイカサマし放題

ネットカジノのライセンスを持っていないということは、第三者機関による監視は行われていなく、またソフトウェアに関しても合法メーカーのゲームを使う必要がありません。
このことから、中国経営違法ネットカジノは、イカサマし放題なのです。

合法ネットカジノの場合、万が一イカサマをして、それがバレてしまうと、即座にライセンスを剥奪され、二度とライセンスを発行してもらうことができなくなります。
莫大な時間と費用をかけて取得したライセンスなのですから、そのリスクを考えるとイカサマをするメリットが無いのです。

そもそもソフトウェアのプログラミングは、ネットカジノ運営側が一切変更することができないため、イカサマをしようと思ってもできないのです。
その点、失うものが無い中国経営違法ネットカジノは、堂々とイカサマをし、プレイヤーが不利になる状況を意図的に作っています。

入出金の不正行為が横行

入出金の不正行為が横行
ネットカジノでは、最初に入金をして、ゲームに勝利することでそのお金を出金することができます。
ギャンブルなのですから、入出金は正常に行われなければいけません。

しかし中国経営違法ネットカジノでは、入金してもアカウントに反映されなかったり、出金しようと思っても対応してくれない、なんてことが普通に横行しています。
サポートデスクに問い合わせをしても、「少々お待ち下さい」「処理に時間がかかっております」などと引き伸ばされ、結局入金も出金もできなく泣き寝入りしなければいけなくなります。
訴えようと思っても、運営元に辿り着くのは至難の業で、そもそもライセンスを持っていないため、サイトを閉鎖し、逃げられてしまうことも普通にあります。

まとめ

今回は、中国経営違法ネットカジノの実情と手を出してはいけない理由について詳しくご紹介させていただきましたが、その卑劣な行為をご理解いただけたかと思います。
このような事実があることから、フィリピン政府もライセンス不所持の中国経営ネットカジノの摘発に動いていますが、撲滅には至っていません。

それどころか、ライセンスの発行審査が非常に厳しくなったため、どんどんと中国経営違法ネットカジノの数が増えているのが現状です。
中国に限らず、インターネットの世界にはライセンス不所持のネットカジノが数多く存在しますので、大切な資産を奪われてしまわないよう、登録前にライセンスの有無、第三者機関による監視、ソフトウェアメーカーなどを必ず確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です