オンラインカジノ登録前に把握したい入出金方法

巷にはパチンコやパチスロ・競馬・競艇など、様々なギャンブルで溢れています。
電子機器の発達もあり、競馬や競艇などの公営ギャンブルは、スマホやパソコンからも購入が可能になるなど、急激な利便性の向上によって、ユーザーが急激に増加しています。
 
公営ギャンブル以外にも、急激にユーザー数を増やしているギャンブルがあります。
それはオンラインカジノです。
スマホやパソコンさえあれば、24時間いつでも本格的なカジノゲームに挑戦しながら、一攫千金の夢を追い続けられる、次世代型のギャンブルとして、認知度が急激に上昇しています。
オンラインカジノに登録するのはとても簡単で、電話番号・メールアドレスがあれば、登録直後からゲームを楽しめます。
しかし、ゲームで勝った利益を現金化するには、入出金手段を用意する必要があります。
 
今回は「オンラインカジノ登録前に把握したい入出金方法」をご紹介します。
これからオンラインカジノに挑戦する方は、是非ご一読ください。
 
 

オンラインカジノにおける入出金手段について

オンラインカジノにおける入出金手段について
 
「オンラインカジノに必要な入出金手段が良く分からない」と心配する方も少なくないでしょう。
オンラインカジノは、多種多様な入出金手段を用意しています。
主な入出金手段は下記の5種類です。
 
① 銀行振込 ※入金・出金対応
② クレジットカード ※入金限定
③ 仮想通貨(入出金共に使用可能)
④ 電子決済サービス(エコペイズ、ベガウォレット、アイウォレット、スティックペイ、タイガーペイなど)※入金・出金対応
⑤ バーチャルプリペイドカード(バンドルカード、KYASH、ペイディ)※入金限定
 
オンラインカジノによっては、上記以外の決済サービスも用意しているケースもあります。
しかし、銀行振込やクレジットカード、あるいはバンドルカードやKYASHといったバーチャルプリペイドカードなど、身近な決済サービスを用意しているオンラインカジノが多いため、必ず利用可能な入出金手段が見つかるでしょう。
 
 

入出金手段についての基本的な認識について

 
オンラインカジノ業界全般に言えることですが「入出金手段は一致していなければいけない」という原則があります。
例えば「銀行振込で入金した場合は、銀行振込から出金する」という話です。
電子決済サービスも、入金は A 社だったのに出金先をB社に指定した場合は「入金時と同じ決済サービスを指定して、申請して下さい」とサポートから指示されます。
オンラインカジノ初心者にありがちなミスのため、戸惑わない様に良く覚えておきましょう。
 
 

クレジットカードとバーチャルプリペイドカード入金について

クレジットカード、バーチャルプリペイドカード入金について
 
先程解説した入出金手段の中で、クレジットカードと、バーチャルプリペイドカードは入金限定の決済方法とご紹介しました。
「入出金手段は一致していなければいけない、という原則を守れないのでは?」と疑問を持つ方も少なくないと思います。
実は、クレジットカードやバーチャルプリペイドカードからの入金した場合は、例外として他の出金手段を選ぶことが認められています。
 
オンラインカジノによって若干異なりますが、エコペイズ、ベガウォレットなどの電子決済サービスを利用する場合は、本人確認書類の提出を求められるケースがあります。
主な提出書類としては、顔写真付きの身分証明書と住所確認書類が挙げられます。
詳細は、オンラインカジノの利用規約もしくはサポートの指示に従いましょう。
 
 

入出金手段やオンラインカジノによって手数料が異なる

入出金手段の優秀性を判断する上で、「手数料」に着目する必要が有ります。
主に下記の2種類の手数料があります。
 
①カジノ毎に入出金手段に合わせて設定されている手数料
②入出金手段のサービスそのものに設定されている手数料
 
①についてカジノ毎に様々ですが、大抵電子決済サービスに関しては、一定の金額以上だと無料に設定されている場合が多い印象です。
入出金の流れとして大体下記の流れとなりますが、どこかで必ず手数料は発生する仕組みになっていますので、サービス毎に手数料を軽減する条件なども模索する必要に迫られる場合もあります。
 
主なパターン① 
入金時
銀行口座やクレジットカード、バーチャルプリペイドカード → カジノ
出金時
カジノ → 銀行口座
 
主なパターン② 
入金時
クレジットカード、バーチャルプリペイドカード → カジノ
出金時
カジノ → 電子決済サービス → 銀行口座
 
主なパターン③
入金時
銀行口座 → 電子決済サービス → カジノ
出金時
カジノ → 電子決済サービス → 銀行口座
 
どのパターンを選択されるかは、ユーザー毎に使用出来る入出金手段、使用されているカジノによって異なります。
 
 

オンラインカジノによって入金や出金反映時間が異なる

オンラインカジノによって入金・出金反映時間が異なる
 
入出金手段を語る上で、大事なポイントとして「入出金スピード」という点も挙げられます。
人によっては、手数料よりも入出金スピードの方が重要度を高く設定している人もおられますので、入出金手段、カジノ選びにおいて、注目したいポイントと言えます。
 
特に出金スピードが重要で、銀行振込が2.3営業日以内、電子決済サービスや仮想通貨は即時、というのが平均的なスピードと言えますが、中には銀行振込であっても申請から数時間という、凄まじいカジノもありますので、カジノ選びの一つの基準として考えると良いでしょう。
 
 

まとめ

オンラインカジノにとって入出金サービスは必要不可欠です。
入出金サービスを選ぶ基準として「手数料」や「入出金スピード」が最も重要ですが、オンラインカジノによって異なります。
オンラインカジノを比較する際は、ボーナス内容だけでなく入出金方法も確認しましょう。
ユーザーの皆さんが最も適した入出金手段を確保する事が、充実したオンラインカジノ生活を送る為に非常に重要なポイントだと思いますので、初心者の方は特に意識していただきたい点です。

ベラジョンカジノの入出金【まとめ完全版】

ベラジョンカジノは世界的に人気の高いオンラインカジノです。https://rammtlc.com/2022/07/15/verajohn-yen/?preview=true
主に人気ゲームや出金しやすいボーナスなどで有名ですが、利便性の高い入出金手段の豊富さにも定評があります。
プロモーションが良くても、入出金手段が貧相だと、そもそも入出金手段を確保できずに、カジノでプレイする意味が無くなってしまいます。
そのため入金・出金手段の充実度は、オンラインカジノユーザーにとって非常に大事な要素であると言えます。
今回は、ベラジョンカジノの出金手段をビギナー向けにまとめてご紹介します。
 
 

ベラジョンカジノの入金手段一覧

ベラジョンカジノの入金手段一覧
 
ベラジョンカジノの入金方法は下記の6種類です。
 
入金手段( 2022 年3月時点)
◆ 銀行送金|最小入金額:10ドル、最大入金額:2,000ドル
銀行送金から入金可能な口座は、下記の 16 銀行に限られています。
しかし、利用者の多い有名銀行なため、使い勝手の良い入金手段と言えるでしょう。
 
・PayPay銀行(ジャパンネット銀行)・三菱UFJ銀行・楽天銀行・三井住友銀行
・住信SBIネット銀行・セブン銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・auじぶん銀行
・福岡銀行・埼玉りそな銀行・あおぞらネット銀行・イオン銀行・ソニー銀行
・スルガ銀行・東京スター銀行
  
電子決済サービスも各種採用しています。 
◆ エコペイズ|最小入金額:10ドル、最大入金額:2,500ドル
◆ ヴィーナスポイント|最小入金額:10ドル、最大入金額:2,500ドル
◆ マッチベター|最小入金額:10ドル、最大入金額:2,500ドル
◆ Jeton Wallet|最小入金額:10ドル、最大入金額:2,500ドル
 
エコペイズ(ecoPayz)、ヴィーナスポイント、マッチベター、それぞれに特徴があります。
主にプレイヤー側のプレイスタイル(ゲーム予算など)によって、最適な電子決済サービスが異なるため、自分と相性の良い手段を選びましょう。
※アイウォレット(iWallet)入金は現時点で使用不可になっています。
アイウォレットの利用を検討している方はベラジョン公式サイトで時々確認しましょう。
 
クレジットカード入金は、現在 JCB とアメリカンエキスプレスが利用可能です。
◆ クレジットカード|最小入金額:12ドル、最大入金額:2,500ドル
アカウントの登録名と一緒の名義でなければ使用出来ない。 手数料:2.25%(最大5.0ドル)
 
以前は、Mastercard や VISA も使用可能でしたが、現在は入金不可能になっているようです。
ベラジョンカジノのクレジットカード入金は、かなり変動します。
Mastercard や VISA で入金を検討している方は、時々ベラジョンカジノの入金欄をチェックすると良いでしょう。
 
◆ 仮想通貨|最小入金額:1ドル、最大入金額:10,000ドル
・ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル・ビットコインキャッシュ
 
 

ベラジョンカジノの出金手段一覧

ベラジョンカジノの出金手段一覧
 
ベラジョンカジノの出金手段は下記の6種類です。
それぞれに手数料が異なっていたり、出金時における独自のプロモーションを実施するなど、特徴が異なります。
 
出金手段(2022 年3月時点)
◆ 銀行送金|最小出金額:10ドル、最大出金額:10,000ドル、手数料:1.5%
・PayPay銀行(ジャパンネット銀行)・三菱UFJ銀行・楽天銀行・三井住友銀行
・住信SBIネット銀行・セブン銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・auじぶん銀行
・福岡銀行・埼玉りそな銀行・あおぞらネット銀行・イオン銀行・ソニー銀行
・スルガ銀行・東京スター銀行
 
◆ エコペイズ|最小出金額:10ドル、最大出金額:100ドル、手数料:5ドル(※出金額 50ドル以上は手数料無料)
◆ アイウォレット|最小出金額:10ドル、最大出金額:10,000ドル、手数料:5ドル(※出金額 50ドル以上は手数料無料)
◆ ヴィーナスポイント|最小出金額:10ドル、最大出金額:100ドル、手数料:5ドル(※出金額 50ドル以上は手数料無料)
◆ マッチベター|最小出金額:10ドル、最大出金額:10,000ドル、手数料:5ドル
◆ Jeton Wallet|最小出金額:10ドル、最大出金額:10,000ドル、手数料:5ドル
 
◆ 仮想通貨|最小入金額:50ドル、最大入金額:10,000ドル
・ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル・ビットコインキャッシュ
 
 

入金も出金も出来る便利なエコペイズ(ecoPayz)・アイウォレット(iWallet)

入金も出金も出来る便利なエコペイズ(ecoPayz)・アイウォレット(iWallet)
 
特にエコペイズ(ecoPayz)、アイウォレット(iWallet)は入出金手段両面の機能を備えています。
その利便性の高さから、ベラジョンカジノに限らず多くのオンラインカジノユーザーに活用されています。
両サービスどちらも金額によって手数料が変わるため、状況に合わせてお得な方を選択しましょう。
 
主にエコペイズ(ecoPayz)やアイウォレット(iWallet)側から、銀行口座に送金する際の手数料で大きな違いがあります。
エコペイズ(ecoPayz)から銀行口座への送金手数料(最も使用率が高い、高速現地出金で考えます)は、送金額の1%もしくは 15 ユーロ(約 17 ドル)どちらか高額な方が請求されます。
アイウォレット(iWallet)から銀行口座への送金手数料は、送金手数料の 0.5 % もしくは 35 ドルどちらか高額な方が請求されます。
 
この条件を当てはめた時に、下記の例で考えていきます。
 
【例1】出金額が100ドルの場合
エコペイズ(ecoPayz)での手数料 = 15ユーロ(約17ドル)
アイウォレット(iWallet)での手数料 = 35ドル
 
【例2】出金額が10,000ドルの場合
エコペイズ(ecoPayz)での手数料 = 100ドル
アイウォレット(iWallet)での手数料 = 50ドル
 
為替手数料については、エコペイズ・アイウォレットともに必要ですが、アイウォレット(iWallet)の方が少し安いようです。
しかし、それを差し引いても、少額出金の際には、アイウォレット(iWallet)の最低35ドルの出金手数料がネックになります。
少額出金はエコペイズ(ecoPayz)、高額出金はアイウォレット(iWallet)がお得です。
 
また、それぞれ共通した特徴としては、オンラインカジノと電子決済サービス間における入出金時に手数料が無料の場合が多いという点です。
 
ベラジョンカジノでも 50ドル以上の出金の場合は、手数料が無料になるため大変お得です。
また、他のオンラインカジノでも電子決済サービスを採用している事が多い為、カジノ間の資金移動の中継の役割においても、重宝されています。
ただし、アイウォレット(iWallet)は 2022 年2月時点でベラジョンカジノへの入金ができないため、注意しましょう。
 
 

まとめ

ベラジョンカジノにおいては多くの入出金手段が存在しており、それぞれにメリット、デメリットが存在します。
特にエコペイズ(ecoPayz)やアイウォレット(iWallet)は入出金機能を搭載しているため、一つ口座を所有しておくだけで、入出金両方に使えて大変便利です。
 
手数料に関しては、ユーザーの資金状況によってお得な使い方が変化します。
特にベラジョンカジノをはじめとする、他のオンラインカジノと、エコペイズ(ecoPayz)・アイウォレット(iWallet)間の手数料が無料であることが多く、カジノ間の送金の中継機関としても活用できる点も便利です。
 
しかし、2022 年2月時点では、残念ながら入金項目からアイウォレット(iWallet)が除外されていました。
アイウォレットは利用が難しい状況が度々発生しやすいため、登録は少し時期を見合わせたほうが良いでしょう。

いまさら聞けない「ベラジョンカジノの評判」について

いまさら聞けない「ベラジョンカジノの評判」について
 
ユーザー満足度 No.1の人気オンラインカジノと呼び声が高いベラジョンカジノは「ほぼ全ての日本人プレイヤーが、1度くらいは遊んだことがあるオンラインカジノ」と言っても過言ではないかも知れません。
 
最近は、東京五輪でサッカー日本代表として活躍した吉田麻也選手を起用したベラジョンカジノ無料版の CM を放送して話題になるなど、オンラインカジノに興味を持つ方だけでなく、幅広い世代の方々にその存在を認識され始めています。
 
しかし「なぜベラジョンカジノが人気なのか?」「なぜ業界No1と呼ばれているのか?」など、疑問を持つ方も少なくないでしょう。
今回は、ベラジョンカジノ評判をまとめてご紹介しますので、是非最後までご覧ください。
 
 

ベラジョンカジノの良い評判

ベラジョンカジノの良い評判
 
TwitterなどのSNSでベラジョンカジノの良い評判を集約してみました。
大体下記の4点についての良い評判が多かったような印象です。
 
① ボーナスについて
② 入出金対応について
③ ゲーム数の豊富さ
④ 勝利報告が多い
 
それでは、一つひとつの項目に関して口コミをみてみましょう。
 
 
口コミ1「ボーナス」
Aさん
ベラジョンカジノに入金して2日目、ボーナス分を使って増やした700ドルですが、ちゃんと振り込まれてました!感動!
何がすごいって、1月16 日 18 時頃に銀行振込で申請して、翌日 17 日に振り込まれていたこと。
 
Bさん
ベラジョンは初回登録ボーナスだけで6万円くれたから、感謝している。
 
Cさん
今日貰ったベラジョンのボーナス。
なんとか9ドルが200ドルになって出金成功です!
有難うございました!
 
Dさん
ベラジョンのボーナスは119ドルで着地♪
久しぶりに消化できてめっちゃ嬉しい!
 
「ベラジョンカジノのボーナスを使って、無事に出金できた」という喜びの声が多いようです。
やはり、ボーナスの出金しやすさは業界最高峰という噂は本当だったようです。
 
 
口コミ2「入金・出金の対応」
Aさん
ベラジョンから出金完了!
ベラジョンは出金申請出してから着金まで早いからほんと楽。
 
Bさん
おっ!ベラジョン出金の銀行送金めっちゃ早い!
昨日の午前中やって、今着金。
 
Cさん
最近のベラジョンカジノは出金が早い!
昨日の夜に銀行振込で出金申請して、さっき着金された。
 
Dさん
ベラジョンは入金が即時反映されるから、すぐにプレイ出来て良いわ。
○○ カジノは運営が入金を確認した後に反映するから、すぐにプレイできなくて最近遊んでない。
 
上記のように、入金・出金のスピードの速さに関する好意的な評判が多数ありました。
 
 
口コミ3「ゲーム」
Aさん
ベラジョンカジノのゲームって、他のカジノには無いバージョンが多い気がする。
エヴォ社のバカラテーブルも、種類多いし、限定配信も多い。やはり大企業の為せる業か。
 
Bさん
ベラジョンのムンプリ、なんか他のカジノのムンプリと違うんだけど、ベラジョンオリジナルってこと?
スイートボナンザも、ベラジョンオリジナルのやつあるし、巨大カジノやね。
結局最強はベラジョンか。
 
上記のように、ベラジョンカジノオリジナルのゲームも豊富な点について感動している口コミが多く見受けられました。
 
 
口コミ4「勝利報告」
 
A さん
ベラジョンカジノで一時間でプラス100ドル!
2ドルずつかけていっても一時間弱でこれだと一日やってたらウハウハやな
 
B さん
オンカジには一攫千金の夢がある
少額スタートでも
大勝する事あるんですよね
 
ベラジョンでの
最高勝利金額
160,000ドル
スロットで一撃
 
放出リミットのあるスロットで
途中で FS 終了
 
この記録はしばらく
更新不可w
 
Cさん
ベラジョンでクレイジータイムやったら、キャッシュハントで 500 倍出て、ケツ浮いた。
1ドル賭けだったから、500ドルだったけど。
 
上記の口コミから分かるように、堅実に少額の勝ちを積み上げる方、一撃で 1,000 万円以上稼ぐ方など勝ち方も様々です。
とにかくベラジョンカジノは勝利報告が多い印象です。
オンカジ業界の半分以上のシェア率を誇るカジノだからこそ、勝利報告が多いとも言えます。
 
 

ベラジョンカジノの残念な評判

ベラジョンカジノの残念な評判
 
良い評判が多いベラジョンカジノではありますが、下記のような残念な評判もありました。
 
Aさん
ベラジョン、入出金処理も前より少し時間かかってない?
ユーザー数の増加に、運営の対応が追い付いていないのか?
 
Bさん
ベラジョンカジノってゲーム数も豊富だし、プロモーションとかも申し分ないんだけど、ユーザー数が激増しているからなのか、サポートの対応が最近少し遅くなっている気がする。
 
Cさん
ベラジョンのチャットサポートは確かに酷い…
対応時間短いのに更に平気で何時間も待たせる。
何の為のサポートだか…
 
特に昨今のコロナ禍で急激に増えたユーザーに対して、ベラジョンカジノ側のサポートが一時的に追い付かなかったようです。
そのため一部のユーザーから、入出金処理やサポート体制に不満が出たという訳です。
これも、ユーザー数の激増が原因なので、ベラジョンカジノ側の運営の強化を願うばかりです。
  
  

まとめ

SNSを確認すると、圧倒的にベラジョンカジノの良い評判が多かった印象です。
ただ昨今のベラジョンカジノのユーザー数激増に伴い、運営サポートの応対に少しタイムラグが生じることもあるため、一部のユーザーから不満が上がっているようです。
 
しかしベラジョンカジノは業界ナンバー1のオンラインカジノですので、すぐに万全なサポート体制を確立するでしょう。
他のオンラインカジノと比べてメリットが豊富なベラジョンカジノに登録しない手はありません。
是非、皆さんもベラジョンカジノをプレイして、口コミにあるような大勝利を手に入れましょう。

【オンラインカジノ入金・出金】ビットコインを使用してトラブルが起きたら?

ビットコインを使用できるオンラインカジノは増えていますので、既にご利用の方もいるのではないでしょうか?
ビットコインは投機対象として扱われることが多いのですが、ビットコインの本当の魅力はその利便性にあります。
オンラインカジノでも利便性の高さを発揮しているビットコインですが、時にはトラブルが起きてしまうケースも考えられます。
そこで今回は【オンラインカジノ入金・出金|ビットコインを使用してトラブルが起きたら?】と題し、ビットコイン決済のトラブル解決策をご紹介します。
 
 

オンラインカジノに入金する際のトラブル

オンラインカジノに入金する際のトラブル
 
ビットコインをオンラインカジノに入金しようと思った時に何らかのトラブルが起きてしまった場合には、ウォレットへ問い合わせる形になります。
入金できないということは基本的にはあり得ません。
 
正しく操作すれば、ビットコインはオンラインカジノに入金できます。
それでも入金されないのであれば、オンラインカジノ側では無く、ウォレット側の領域と考えられます。
この場合、主な原因としてオンラインカジノのアドレスのミス、残高不足等が考えられます。
 
また、入力を送信する時に電波不良となってしまうケースも該当しますが、いずれもオンラインカジノ側の領域ではありませんので、オンラインカジノ側としても、問い合わせを受けたとしても「ウォレットに問い合わせてくれ」としか言えませんので、ビットコイン入金時のトラブルに関してはオンラインカジノではなくウォレットです。
 
 

オンラインカジノから出金する際のトラブル

この場合は、先の説明とは逆にオンラインカジノ側に問い合わせることになります。
主に考えられるトラブルとしては出金が反映されないことですが、先とは逆に、ウォレット側に問い合わせたところでウォレット側としても何もできません。
オンラインカジノからの出金が性格に反映されていないことになりますが、考えられる理由としてはウォレットのアドレスミスです。
また、先同様電波不良、オンラインカジノ側の残高不足等が挙げられますが、いずれにせよ、問題の領域はオンラインカジノ側にありますので、ウォレットに問い合わせても、何もできません。
 
 

ビットコインでトラブルは起きるのか?

ビットコインでトラブルは起きるのか?
 
「実際ビットコインをオンラインカジノで利用して、トラブルが起きるのか?」という点ですが、正確にアドレスを入力すれば、トラブルは発生しないでしょう。
ビットコインは決して脆弱なシステムではありません。
毎日多くの人間が取引を正常に行っている点に加え、そもそもビットコインは暗号資産とも呼ばれているように、データで形成されているものです。
デジタルな世界では、人間の操作した通りにしか動きません。
入出金のアドレスを間違えて入力してしまったとしても、その入力アドレスが正確なのか、あるいは間違えているのかまで判断出来ませんので、正確に入力するよう心掛けましょう。
 
 

どちらに問い合わせればよいのか分からない

オンラインカジノ決済手段としてビットコインを利用する際のトラブルは、基本的に入力ミスによるアドレス間違いなため、アドレスを正確に入力する限り、トラブルやアクシデントに見舞われるリスクは低いでしょう。
 
しかし、時には何故トラブルが起きたのか良く分からないこともあるでしょう。
その際は、ウォレットおよびオンラインカジノの双方に問い合わせてみましょう。
問い合わせは無料ですし、何よりユーザーの正当な権利です。
勝手に自己判断を下すよりは、問い合わせた方が良いでしょう。
問い合わせることで、実際にどちらに問い合わせればよい問題なのかも明確になります。
 
 

トラブルやアクシデントよりも気を付けるべきこと

トラブルやアクシデントよりも気を付けるべきこと
 
オンラインカジノ決済手段としてビットコインを利用する際に生じる入金・出金トラブルやアクシデントは、先ほどご紹介した対策によって阻止できます。
しかしビットコイン特有の特徴から生じる問題は、防ぎようがない現状があります。

例えば相場の変動による損益は、オンラインカジノもウォレットもどうすることもできません。
そもそもビットコインが相場変動する特性を持った商品になりますので、相場に関するクレームを付けた所でウォレットにせよオンラインカジノにせよ、何もできません。

税金も為替同様、相場差益での利益は累進課税となっています。
課税対象であることは言うまでもありませんが、ビットコイン以外の収入に応じて変わる部分となります。
このようなビットコインの特性は、オンラインカジノで利用する目的ではあっても覚えておきましょう。
 
 

ビットコインのトラブルの種類によって対応は変わる

ビットコインはトラブルやアクシデントの種類によって問い合わせ先が異なるため、まずは冷静に、どこで起きているトラブルなのかを確認しましょう。
確認することで、どこへ問い合わせるべきなのか分かるようになります。
もし確認しても分からない場合は、ウォレットとオンラインカジノ双方に問い合わせ、何をすべきなのか指示を仰ぎましょう。
自己判断で対応すると、かえって問題を悪化させかねません。

オンラインカジノ初心者でも稼げる『ブラックジャック攻略法』

ブラックジャックで勝つためには、基本的なルールと攻略法をしっかり覚える必要があります。
 
今回は、オンラインカジノ初心者でも稼げる『ブラックジャック攻略法』と題し、気持ち良く勝ち逃げするために必要な「基本的な遊び方と攻略法」をご紹介します。
 
 

ブラックジャックで勝つには基本が大事

ブラックジャックで勝つには基本が大事
 
ブラックジャックで勝つためには最初に基本的なルールをしっかり覚えておく必要があります。
ブラックジャックを複雑に考えてしまう方が多いですが、ルールはかなり単純です。
一枚ずつカードを引いていき 21 を超えることなく、21 または 21 に近い手札を目指していくだけです。
 
ここで一つ注意したいのは「 10 を引く確率が高い」という点です。
ブラックジャックでは 10 ・J・Q・K のカードをすべて 10 、2~9の数字はそのまま数えます。
ちなみに A は1でも 11 でも OK な大変便利で使い勝手が良いカードです。
状況的に 10 を引く確率が高いことを前提に勝負しなければ、勝率は上昇しません。
 
ブラックジャックでは「合計数が 17 を超えたら、それ以上カードを引かない方が良い」と言われています。
「17 ならまだ余裕がある、次に4を引けば完璧じゃないか」と思うかもしれませんが、これ以上引くと負ける確率が高くなります。
この攻略法は『ベーシックストラテジー』と呼ばれていて、ブラックジャックで好成績を残している方であれば必ず知っているはずです。
ブラックジャックで勝率を上げたいのであればこのベーシックストラテジーを絶対に知っておくべきです。
ベーシックストラテジーに基づいてゲームを進める時、手札が 17 の状態で次のカードを引くと 21 を超える確率がかなり高くなります。
 
手札の合計が 22 以上になることを『バースト』と呼びますが、プレーヤーはこのバーストに注意しなくてはいけません。
プレーヤーはこのバーストを避けながら勝負するのがとても大事です。
ブラックジャックはプレーヤーがバーストするとディーラーの勝ちです。
しかも両者がバーストした場合もディーラーの勝ちになります。
17 になった時点でそれ以上カードを引かない方が良いのはこのルールも影響してます。
 
「ブラックジャックは、無理してギリギリを狙うとプレーヤーの方が負けやすいゲーム」と意識する必要があります。
引きが強い、勝負強いという考え方はなるべく捨てて、常にベーシックストラテジーに基づいて行動した方が長い目で見た時に勝率は高くなります。
 
 

マーチンゲール法は負けないための攻略法

マーチンゲール法は負けないための攻略法
 
ブラックジャックで稼ぐためには負けないための作戦を用意するのが重要です。
一回の勝負で負けてしまっても、合計の勝ち分が負けを上回っていれば問題ありません。
 
ブラックジャックでおすすめの攻略法は、損失を一瞬で取り返せる『マーチンゲール法』です。
マーチンゲール法は、負ける度に掛け金を倍にしていく作戦です。
負けの回数が多くても、最後に大逆転できるドラマチックな作戦になります。
ギャンブルのことをまったく知らない方や興味がない方は、無茶苦茶な作戦のように感じるかもしれませんが、実は有効な作戦です。
マーチンゲール法に基づいてプレーすれば損をする確率は低くなり、最終的には勝ちで終わることが可能になります。
  
しかしマーチンゲール法は最後に笑う攻略法なので、メンタルが強くないと成功しません。
途中で不安になって勝負を諦めてしまったり、弱気な姿勢になってしまうと意味がないので一度決めたら最後までやり切るのが大事です。
中途半端が一番の危険になる攻略法なので、それを常に念頭に置いてプレーすることを忘れてはいけません。
 
 

とにかく稼ぐための攻略法でおすすめな『パーレー法』

とにかく稼ぐための攻略法でおすすめな『パーレー法』
 
ブラックジャックをやるならとにかく稼ぎたいという方も多いと思います。
そんな方におすすめしたいのは勝った時に賭け金を倍にしていくパーレー法です。
 
勝った時に賭け金を倍にしていくので、連勝すると賭け金はどんどん膨れ上がっていきます。
賭け金100で勝利したら次は200、また勝利したら次は 400 、次は 800 という感じで賭け金を倍にします。
このようにパーレー法だと数回勝利しただけで大儲けできます。 
賭け金を倍にしていくだけの作戦なので計算も簡単ですし、余計なことを考えなくて済みます。
手堅く勝ちたい方には向いていませんが、大儲けしたい方にはおすすめな攻略法です。
 
勝つことを前提にしているパーレー法は、負けた時のことは考えていません。
そのため勝負を終えるタイミングは自分で見つける必要があります。
連勝している場合はやめ時が見つからないかもしれませんが、勇気を持ってやめることも大事です。
パーレー法に基づいてブラックジャックをプレーする場合は何連勝したら終了にするか事前に決めておくのがおすすめです。
 
例えば5連勝をリミットにしておくと、気持ち良く大儲けした状態でゲームが終了できます。
ダラダラと勝負を続けるとパーレー法に失敗しやすくなるため、自分の中でここでやめるというリミットを決めて挑戦しましょう。

【詐欺被害から身を守る】悪質ネットカジノ見極めポイント

【詐欺被害から身を守る】悪質ネットカジノ見極めポイント
 
日本には公営ギャンブル以外を禁じる賭博法がありますが、ライセンスを保有する海外のネットカジノを日本国内で遊んでも違法ではありません。 
ネット上にはライセンスを所持せずに運営している「違法ネットカジノ」も存在し、見極めを間違えると深刻な被害や巨額な損失が発生する事もあります。
 
今回は【詐欺被害から身を守る!悪質ネットカジノ見極めポイント】をご紹介します。
ぜひネットカジノ選びの参考資料として、ご一読ください。
 
 

ライセンスの種類を確認

世界各地を拠点に運営している『ネットカジノ』は、誰でも自由に運営できるようなイメージがあるかもしれません。
しかし、運営するには厳しい条件を満たす必要があります。
 
まずネットカジノの運営に不可欠なのが、合法国から取得するライセンスです。
ライセンスがないネットカジノはすべて違法で、不正行為が横行している可能性があるだけでなく、利用したプレイヤーも摘発される可能性があります。
ネットカジノのライセンスはウェブサイトのトップページの下部や、サイドメニューで確認できるので登録前の確認は必須です。
 
特に審査が厳しく信頼性が高いライセンス(イギリス、ジブラルタル、マルタ共和国、キュラソー、フィリピン)は、覚えておくと良いでしょう。
ライセンスの中には、手数料さえ払えば簡単に取得できてしまう国もあります。
ライセンスの有無だけでなく、そのネットカジノが過去に何か問題を起こしていないか、検索して調べると確実でしょう。
 
 

信頼性の高い大手ソフトウェア会社のゲームの導入

信頼性の高い大手ソフトウェア会社のゲームの導入
 
ネットカジノの魅力と言えばバリエーション豊かなゲームですが、実は外部のソフトウェア会社が開発しているのをご存知でしょうか。
違うネットカジノに同じ種類のゲームが導入されているのは、このような事情によるものです。
不正防止の観点からネットカジノ同様、ライセンスを取得した信頼性のある会社でないとゲーム開発はできません。
 
ネットカジノに興味がある方なら、信頼性が高く実績があるマイクロゲーミング、プレイテック、ネットエントなどを知っているのではないでしょうか?
これらの大手ソフトウェア会社のゲームを導入しているネットカジノは、まず信頼性が高いといって間違いありません。
ソフトウェア会社も信頼性が重要視されるため、実績のあるネットカジノ限定でゲームを提供する仕組みになっています。
 
 

第三者機関による厳重な監視

不正行為の防止など透明性の確保のため、第三者機関による監視を受入れているネットカジノがあるのをご存知でしょうか?
ライセンスを取得した国によっては、第三者機関の受入れが必須となっており、より高い信頼性の証となっています。
 
ライセンスの中には、第三機関による監視を義務化していないところもあります。
監視を受け入れていないからといって、必ずしも違法ネットカジノというわけではありません。
しかし、第三者機関による監視を受けているネットカジノの方が安心できるのは確かなため、ネットカジノ選びの条件に入れておくべきでしょう。
 
ネットカジノの監視機関として有名なのが、eCOGRA 、TST 、GLI の3社です。
ネットカジノのライセンス情報と併記されているので、一度確認してみましょう。
 
 

SNS や掲示板のクチコミ情報をチェック

SNS や掲示板のクチコミ情報をチェック
 
ネットカジノのウェブサイトで信頼性を確認できる手段は、ライセンスの表記や第三者機関の監視の有無くらいです。
しかし、この情報の真偽を確認する術は一般プレイヤーにはなく、もしかしたらねつ造である可能性もゼロではありません。
 
海外のどこかで運営されているネットカジノの正確な情報など、誰も確認しようがないのです。
そこで活用したいのがネット上のクチコミで、実際にネットカジノを遊んでいるプレイヤーの評判が分かります。
 
すべての書き込みが正確な内容かは分かりません。
しかし、ユーザー数の多いネットカジノは情報量も多く、ある程度の信頼性が高いことがわかります。
逆にまったくクチコミ情報が無いネットカジノは、サービス内容が不明瞭なため、避けたほうが無難でしょう。
 
 

まとめ

今回は【詐欺被害から身を守る!悪質ネットカジノ見極めポイント】をご紹介しました。
 
最初にネットカジノが合法であるかを示す、ライセンスの有無を確認しましょう。
さらにネットカジノが第三者機関の監視を受けていれば、信頼性は高いものとなります。
 
導入されているゲームも信頼性の指標になります。
大手ソフトウェア会社が開発したゲームがあれば実績がある証となるでしょう。
 
違法ネットカジノを遊んでしまうと勝てないばかりか、個人情報流出のリスクもあります。
ネットカジノのアカウント登録前に、上記のポイントをチェックするとともに、SNS や掲示板の書き込みなどで情報収集すると良いでしょう。

【オンラインカジノ出金】ボーナスで稼ぐ方法と出金条件

ここ数年間で新しいオンラインカジノが続々と開設され、ボーナス内容も以前より充実するなど、より稼げる環境になりました。
特にオンラインカジノを小資金で遊ぶ方にとってボーナスは無視できない特典であり、場合によってはボーナスだけで一攫千金も可能です。
しかしボーナスには様々なルールがあるため、活用時には十分に注意しなければいけません。
 
今回は【オンラインカジノ出金|ボーナスで稼ぐ方法と出金条件】と題し、特に少ない投資でギャンブルを楽しみたい方を対象に「ボーナスを上手く活用しながら、現金出金を達成するために必要な情報」をご紹介します。
 
 

ボーナスは積極的に GET しよう!

ボーナスは積極的に GET しよう!
 
1回のベットで 100 ドルや 1,000 ドルを賭けるハイローラーならまだしも、低資金で遊ぶユーザーは積極的にボーナスを受け取るべきです。
 
ボーナスはリアルマネーと同じように数々のゲームへベット可能で、勝利すれば出金もできます。
一度も遊んだことの無いゲームへのお試し資金としても非常に有効ですので、オンラインカジノ初心者はきっと重宝すること間違いありません。
 
またアカウントへ自動的にボーナス額が反映されるオンラインカジノもありますが、中には新規登録時や初回入金時に申請が必須のサイトもあります。
申請タイミングが遅れてしまうと、対象のボーナスを二度と受け取れなくなるため、利用規約やインフォメーション、メッセージを必ず確認しましょう。
 
 

ボーナスには「出金条件」がある

ボーナスの勝利金はリアルマネーと同じように決済口座への出金も可能ですが、もらってすぐに出金することはできません。
各オンラインカジノにより多少の差はありますが、「ボーナス額の◯倍ベット」が出金条件で、緩くても 20 倍前後、厳しいと 50 倍以上に設定しているオンラインカジノもあります。
 
日本人プレイヤーに人気の『ベラジョンカジノ』のボーナス出金条件は 20 倍です。
もしベラジョンカジノで 100ドルのボーナス出金条件を達成したいなら、2,000ドル以上をベットする必要があります。
ボーナス出金条件を達成した段階で、アカウントに勝利金が残っていれば、現金として出金できます。
 
オンラインカジノの中には「キャッシュバックボーナス」や「リベートボーナス」として、出金条件の無いボーナスを採用しているサイトもあります。
出金条件のあるボーナスよりも金額は圧倒的に低いですが、出金条件に縛られたくない方にはおすすめです。
 
 

ボーナスのタイプを見極めよう

ボーナスのタイプを見極めよう
 
オンラインカジノのボーナスには「混合型」と「保険型」の2タイプがあります。
 
混合型ボーナスの特徴
実際に入金したお金とボーナスが合算されアカウントに反映されるもので、両方に対して出金条件が課せられます。
例えば出金条件 20 倍のオンラインカジノへ100ドルを入金して100ドルのボーナスをもらった場合、(入金額+ボーナス)× 20 倍 で4,000ドルをベットしなければ出金できません。
 
保険型ボーナスの特徴
入金したお金とは別に管理され、リアルマネーが底をついた時に初めてボーナス使用が有効になります。
リアルマネーがある間はボーナス出金条件が発動せず、また無くなってもボーナスでゲームが続行できる安心感があります。
ちなみにベラジョンカジノやカジ旅などでは、保険型のボーナスを採用しています。
 
 

ボーナスの不正取得・使用条件に要注意

複数のアカウントを作成して初回入金ボーナスやウェルカムボーナスを何度も受け取ったり、ボーナスを不正利用した場合、ボーナスアビューザーと特定されてしまいます。
 
ボーナスアビューザーに特定されると、ボーナスの没収はもちろんのこと、勝利金の没収やアカウント停止処分(永久凍結の場合も)が課せられます。
もしアカウントが停止してしまうと実際に入金したお金までも出金できなくなるため、非常に重たいペナルティです。
 
ボーナスというのはオンラインカジノの好意によって配られており、それを踏みにじる行為がボーナスアビューザーであり、ペナルティを課せられても文句は言えません。
「複数アカウントの作成」「ボーナスの不正取得」「除外・禁止ゲームでのプレイ」「ペイアウト率の高いゲームだけで遊ぶ」「2ティアベットで賭ける」「出金条件達成直後に出金申請」などは、ボーナスアビューザーに認定されてしまうリスクがありますのでご注意ください。
 
 

まとめ

まとめ
 
今回は【オンラインカジノ出金|ボーナスで稼ぐ方法と出金条件】と題し、特に少ない投資でギャンブルを楽しみたい方を対象に「ボーナスを上手く活用しながら、現金出金を達成するために必要な情報」をご紹介しました。
 
ボーナスには出金条件がありますが、低資金で遊ぶユーザーやオンラインカジノ初心者にとって重宝するオプションが用意されています。
様々な機会にボーナスをもらえますので、積極的に受け取ることをおすすめします。
 
ただしボーナスには「保険型」と「混合型」があり、特に混合型のオンラインカジノでボーナスをもらう場合には、実際に入金したお金に対しても出金条件が課せられてしまうため、十分な対策が必要になります。
 
オンラインカジノへ登録する前にボーナスの利用規約を隅々までチェックし、納得した上で入手しましょう。

カジノシークレット出金方法「銀行・電子決済」完全版

どこよりもお得なキャッシュバックで断トツの支持率を誇るオンラインカジノ『カジノシークレット』には「銀行口座への直接出金」「手数料無料の電子決済サービス」「ポイント貯蓄型決済サービス」など、使い勝手の良い決済手段が豊富に用意されています。
 
今回は【カジノシークレット出金方法「銀行・電子決済」完全版】と題し、各決済方法の特徴をご紹介します。
 
 

カジノシークレットの豊富な入金・出金方法

カジノシークレットの豊富な入金・出金方法

カジノシークレットは『銀行送金』を利用した入金・出金に完全対応しているため「クレジットカードや各種決済サービスを利用しなくても遊べる」「出金時のお金も自動で日本円が選択されるため、直接日本国内の銀行で受け取ることができる」点を魅力に挙げるユーザーも少なくありません。
 
銀行送金以外にも、カジノシークレット以外のオンラインカジノでも利用可能な決済サービスも豊富に用意されているため、複数のオンラインカジノを遊んでいるユーザーも利用しやすくなっています。
 
入出金の手段で手数料が大きく変わることは珍しくなく、選択肢が多い分比較もしやすくなっているのです。
仮想通貨入金ができるマッチベターなども採用されているため、より幅広い決済サービスから選択できます。
 
★ 公式イチ押しの『ヴィーナスポイント』
カジノシークレットがイチ押ししている『ヴィーナスポイント』は、お金を一旦ポイントとして貯め、必要に応じて出金できる電子決済サービスです。
 
最大の魅力は手数料の安さで、平日に350ドル以上の出金を依頼すると、手数料が無料になります。
350ドル未満の入金・出金時の手数料も1.3ドル、休日や休前日の 15 時以降から休翌日の15 時までは900ドルにつき2.9ドルの手数料が発生しますが、他の決済サービスと比較すると格安です。
 
入金出金でポイントがたまるのも特徴で、たまったポイントは現金と同じ扱いで利用できます。
お得さを優先するユーザーに最適な決済サービスです。
 
★ 電子決済サービスへの出金時は入金実績が必要
カジノシークレットで利用できる電子決済サービスは使い勝手が良いものが揃っていて、お金の受け取り先として使われることが多くなっています。
注意したいのは、クレジットカード以外の入金を行った場合、入金先と出金先を一致させる必要がある点です。
 
ヴィーナスポイントで入金を行った場合は、ヴィーナスポイントのみ出金先として指定できます。
これは防犯上の手続きであり、複数の電子決済サービスを利用してお金の流れを不透明化させること防ぐためです。
 
クレジットカードは出金先として指定ができないため、自由にサービスを選んで出金ができます。
複数の電子決済サービスで入金することも可能ですが、出金先で混乱しないように注意する必要があります。
 
 

出金前は身分証明証の提出が必須

出金前は身分証明証の提出が必須

カジノシークレットは勝利金をすぐに引き出せるわけではなく、事前に身分証明証などの提出が必要になっています。
これはオンラインカジノ全体に共通する措置で、セキュリティ上必須になっているからです。
身分証明証の提示が必須でなければ、成りすましなどを使って不当にボーナスを取得し、お金を稼ぐことも可能になってしまいます。
不正に儲けようとする人が増えるほど、真面目にオンラインカジノで遊んでいる人の負担が大きくなるため、システム上登録者を限定する仕組みになっています。
 
カジノシークレットの本人確認に利用できる書類は、顔写真付きの身分証明書(パスポート、運転免許証など)、住所確認書類(公共料金の支払い明細など)、クレジットカード入金を行った場合はクレジットカードの画像になります。
それぞれカラーで提出する必要があり、書類の隅の部分までしっかりと写っている必要があります。
クレジットカードの画像は最初の6桁と最後の4桁と、裏面の署名が確認できれば良く、その他の部分は隠さなければいけないのがポイントです。
 
出金申請時よりも早く提出しておくことで、スムーズな出金が可能になります。
各提出書類の画像は、アカウントページから送信できます。
 
 

高額出金は出金完了までに時間がかかる

高額出金は出金完了までに時間がかかる

カジノシークレットに限らず、オンラインカジノで高額な出金が発生した場合は取引履歴などが確認される傾向があります。
カジノシークレットの場合は1万ドル以上の出金時が対象で、出金審査に3日程度かかることもあります。
 
ゲーム履歴を確認し、不正がなかったか、ボーナスの使い方などは適正かが確認されるのです。
高額出金を申請する際は、通常よりも出金処理に時間がかかるという認識を事前に持っておいた方が良いでしょう。
 
 

入出金の選択肢が豊富なカジノシークレット

カジノシークレットは入出金に使える手段が豊富で、入出金速度や手数料にこだわって選ぶことができます。
初回の出金時に戸惑ってしまう人もいますが、身分証明証の提出などを済ませていればスムーズに手続きができるのが一般的です。
銀行を使った入出金を避ける場合はお得な決済サービスを探してアカウントを作っておくのがおすすめで、出金時の目減りを防ぐことができます。

ベラジョンカジノは評判通りの優良オンラインカジノなのか

ベラジョンカジノは世界的に人気のカジノであり、高い評判のオンラインカジノとして日本でもユーザーの多いオンラインカジノです。
しかし、ユーザー数が多いからといって優良なオンラインカジノといえるのでしょうか。
実際に2020年にベラジョンカジノは運営会社が変わってしまっています。

そこで今回、安心して使える優良カジノと思われるポイントとして、入出金、サポート、運営面の3つの視点を選びました。
それら3つの視点から、どのような評判なのかについてそれぞれ解説していきます。
これを読めばきっとベラジョンカジノは評判通り優良なオンラインカジノかどうかわかるのではないでしょうか。

ベラジョンカジノの入出金の評判はどうか

ベラジョンカジノの入出金の評判はどうか
ベラジョンカジノの入出金について、実は良い評判と悪い評判があります。
お金がかかわることなので、それぞれどんなものか最初にお話ししていきましょう。

良い評判としては、出金が速くなってきている、スムーズに入出金できるといったものが挙げられます。
一般的なオンラインカジノは、とにかく入金反映に時間がかかり、出金が遅い傾向にあります。
しかし、ベラジョンカジノは入金も数分程度で反映され、出金も数日以内に完了するなど速い部類に入るのが特徴です。
こういったスピードの速さは、オンラインカジノの信頼を見るうえでとても重要です。
スムーズな入出金もよい評判として挙げられます。
特に出金に関しては、ボーナスの出金条件が低く、多くのカジノが賭け条件30倍に対して、20倍程度で出金できます。
また、操作も日本語対応で分かりやすく、感覚的に入出金が行えるのも事実です。

悪い評判としては、出金が遅いということです。
先ほどの評判と矛盾していますが、国内のサービスと比較してしまっている可能性があります。
確かに国内の仮想通貨取引所などで出金に数日かかる場合は、とても遅く感じます。
しかし、ベラジョンカジノは海外のサービスです。
国境や様々な金融ルールをクリアして日本に出金するためには、本来非常に時間がかかるものです。
ベラジョンカジノは様座な工夫を行い、迅速な対応をすることで海外への出金としては異例の速さを誇っています。

このように悪い評判であっても出金できないといった致命的な評判は、操作ミスを除いてほとんどありませんでした。

ベラジョンカジノのサポート面の評判について

ベラジョンカジノのサポート面の評判について
ベラジョンカジノのサポート面の評判はどうでしょうか。

良い評判としては日本語対応や対応のノウハウがしっかりしているという意見がありました。
ベラジョンカジノは日本語がわかるスタッフ以外にも日本人をサポートに採用しているので、ややこしい相談にもきちんと対応できます。
入金出金のトラブルについてもきちんと対応してくれるのも優良なオンラインカジノといえるでしょう。

悪い評判としては、サポートスタッフの個人差が大きいということです。
日本人以外のスタッフも対応しているので、どうしても対応レベルに差が出てしまいます。
そのため、当たり外れがあるという意見も少なくありません。

こういった評判から、比較的優良ではあるけれど、スタッフの個人差に難があるという印象です。

ベラジョンカジノの運営面の評判はどうなのか

ベラジョンカジノの運営面の評判はどうなのか
ベラジョンカジノをプレイするうえで最も気になるのは運営面です。
その運営面は安全なのでしょうか、よい評判と悪い評判について紹介していきましょう。

良い評判としては、使いやすく利用して安心感がある、安定して動作しトラブルになりにくい、ゲーム数が多いといったものが挙げられます。
使いやすく安心感があるというのは、故意にユーザーを混乱させて、ユーザーに不利益をもたらさないという意味にとらえられます。

例えば、紛らわしい表現で余計なチップ投入をしてしまったり、ゲームのルールをはき違えるといったことがないといった点です。
安定して動作するのもよい評判といえるでしょう。
ゲームが不安定だと、いきなりゲームが止まった後に大きな損失を出して締まったということがあるからです。
こういったトラブルがない運営を行っているのは好感が持てるのではないでしょうか。

最後にゲーム数が多いことも実は運営面の優良さがうかがえます。
ゲーム数を増やすにはゲームプロバイダをより多く契約する必要があります。
契約数が多くなるほどオンラインカジノの運営経費は増していくので、その経費を支払えるだけのユーザー数の多さがうかがえます。
また、資金面が充実しているということは、安心して入金しているユーザーが多いので、それだけ信頼されている証拠ともいえるのです。
逆に安心できないオンラインカジノであれば、ユーザー数も少なく、入金金額も乏しいためゲームプロバイダとの契約も減らします。

一方悪い評判は、運営に関してほとんどありませんでした。
しかし、2020年に運営会社が変わったことから、一時期運営に不安を覚える声が多かったのは事実です。
新たに運営会社となったBreckenridge Curacao B.Vも親会社はロンドンの証券取引所に上場している信頼のある会社であります。
運営が新会社になったからといって急に悪質なサービスになったというわけではありませんでした。
そのため、不安は一時的なもので済んでいます。

このようなことから運営面においても優良なオンラインカジノの1つであるといえます。

中国経営違法ネットカジノの実情と手を出してはいけない理由

ネットカジノ運営を合法化している国や地域はそこまで多く無く、世界でも数えるほどしかありません。
日本の場合、国内でのネットカジノ運営はもちろん違法ですし、日本人が海外で日本人向けに運営するのも違法行為となります。
ネットカジノ合法国では非常に厳しい審査を経てライセンスを発行していますが、最近では中国経営のネットカジノが続々と増えてきています。

そもそも中国ではネットカジノが違法であり、中国国内で運営することはできないことから、フィリピンを拠点に中国裕福層に向けて運営しています。
そこで今回は、中国経営違法ネットカジノの実情、及び絶対に手を出してはいけない理由を詳しく解説していきたいと思います。

最初に言っておきますが、中国経営違法ネットカジノで遊んで、プレイヤー側には何のメリットもありません。
信頼性の高いライセンスを所持する合法ネットカジノで遊びましょう。

中国経営ネットカジノはフィリピンを拠点にしている

中国経営ネットカジノはフィリピンを拠点にしている
中国ではネットカジノ運営は違法であるため、中国経営ネットカジノは全て海外を拠点にしています。
その多くがフィリピンを拠点にしており、数百を超える中国経営ネットカジノが存在します。

フィリピンはネットカジノ合法国であり、PAGCORと呼ばれるフィリピン娯楽賭博公社がライセンスを発行しています。
経済的に低迷しているフィリピンでは、このライセンス発行による収入が国家運営の重要な鍵を握っているため、積極的にライセンスを発行しています。
つまり中国経営ネットカジノにとっては、自国の近くでビジネスができ、フィリピンにとってはライセンス収入があり、さらに雇用が生まれていることから、Win-Winの関係なのです。

ライセンス不所持の中国経営違法ネットカジノの存在

ライセンス不所持の中国経営違法ネットカジノの存在
ネットカジノは、知識さえあれば、インターネット上に簡単に作ることができるため、ここ最近は中国経営の違法ネットカジノが多くあります。

フィリピンでライセンスを取得するためには、多額の費用と時間が必要であり、少しでも早くビジネス展開し、無駄な出費を抑えたいと考える中国経営ネットカジノが増えてきているのです。
その結果、フィリピン当局も中国経営違法ネットカジノの取り締まりを強化し、ライセンス不所持のネットカジノの閉鎖、及びそこで働く中国人従業員を逮捕、強制送還処置に積極的です。

それでもいたちごっこが続いている状況で、摘発しても湯水の如く中国経営違法ネットカジノが増え、撲滅されないのが現状です。
中国政府は、ネットカジノを合法にしているフィリピンに対して完全違法化を望んでいますが、大切な収入源のため、そう簡単に違法化させることはできないのです。

中国経営違法ネットカジノはイカサマし放題

ネットカジノのライセンスを持っていないということは、第三者機関による監視は行われていなく、またソフトウェアに関しても合法メーカーのゲームを使う必要がありません。
このことから、中国経営違法ネットカジノは、イカサマし放題なのです。

合法ネットカジノの場合、万が一イカサマをして、それがバレてしまうと、即座にライセンスを剥奪され、二度とライセンスを発行してもらうことができなくなります。
莫大な時間と費用をかけて取得したライセンスなのですから、そのリスクを考えるとイカサマをするメリットが無いのです。

そもそもソフトウェアのプログラミングは、ネットカジノ運営側が一切変更することができないため、イカサマをしようと思ってもできないのです。
その点、失うものが無い中国経営違法ネットカジノは、堂々とイカサマをし、プレイヤーが不利になる状況を意図的に作っています。

入出金の不正行為が横行

入出金の不正行為が横行
ネットカジノでは、最初に入金をして、ゲームに勝利することでそのお金を出金することができます。
ギャンブルなのですから、入出金は正常に行われなければいけません。

しかし中国経営違法ネットカジノでは、入金してもアカウントに反映されなかったり、出金しようと思っても対応してくれない、なんてことが普通に横行しています。
サポートデスクに問い合わせをしても、「少々お待ち下さい」「処理に時間がかかっております」などと引き伸ばされ、結局入金も出金もできなく泣き寝入りしなければいけなくなります。
訴えようと思っても、運営元に辿り着くのは至難の業で、そもそもライセンスを持っていないため、サイトを閉鎖し、逃げられてしまうことも普通にあります。

まとめ

今回は、中国経営違法ネットカジノの実情と手を出してはいけない理由について詳しくご紹介させていただきましたが、その卑劣な行為をご理解いただけたかと思います。
このような事実があることから、フィリピン政府もライセンス不所持の中国経営ネットカジノの摘発に動いていますが、撲滅には至っていません。

それどころか、ライセンスの発行審査が非常に厳しくなったため、どんどんと中国経営違法ネットカジノの数が増えているのが現状です。
中国に限らず、インターネットの世界にはライセンス不所持のネットカジノが数多く存在しますので、大切な資産を奪われてしまわないよう、登録前にライセンスの有無、第三者機関による監視、ソフトウェアメーカーなどを必ず確認しましょう。